広告

2014年07月26日

追加問題

@疣贅は(A)の感染による疾患で、臨床上(B)、(C)、(D)、(E)が良く見られる。
 
(A) ヒト乳頭腫ウイルス(B) 尋常性疣赘(C) 足底疣贅(D) 青年性扁平疣贅(E) 尖圭コンジローマ疣贅

A頭癬には(A)、(B)、(C)、(D)がある。その中で治癒後に瘢痕を残さないのは(E)である。

(A)白癬(B)黄癬(C)黒点癬(D)膿癬(E)白癬

B手白癬、足白癬の分型には(A)、(B)、(C)などがある。

(A)白水疱鱗屑型(B)角化(過度)型(C) 趾間びらん型(浸漬びらん型)

C蕁麻疹とは皮膚や粘膜の小血管が(A)することにより発生した(B)である。

(A)反応性拡張と透過性亢進(B)局所性水腫

D特殊型蕁麻疹には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)がある。

(A) 人工蕁麻疹(B) 寒冷性蕁麻疹(C)コリン性蕁麻疹(D)日光性蕁麻疹(E)圧迫性蕁麻疹(F) クインケ浮腫(血管性浮腫)

E皮膚筋炎の臨床上の分類に(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)がある。

(A)多発性筋炎(B)皮膚筋炎(C)悪性腫瘍を合併する皮膚筋炎(D)小児皮膚筋炎(E) オーバーラップ症候群(他の膠原病を合併する皮膚筋炎)(F)無筋病性皮膚筋炎

F軟性下疳は(A)の感染による。

(A) 軟性下疳菌(Haemophilus ducreyi、杜克雷嗜血杆菌)

G機械的蕁麻疹(皮肤划痕症、人工性荨麻疹)とは?

皮膚をとがった物で機械的刺激を加えた場合、数分してからその部分に隆起が生じる現象。痒みを伴う場合と、伴わない場合がある。

H皮膚筋炎の診断標準は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)である。

(A)皮膚症状(ヘリオトロープ疹:眼瞼部の紫紅色浮腫性紅斑、ゴットロンの徴候:手指関節背面の紫紅色紅斑)(B)対称性の四肢近位筋の筋力低下(C) 血清筋原性酵素の上昇(D) 筋電図での筋原性損傷(E) 筋生検で筋炎の病理所見

I固定薬疹の臨床表現

毎回、同じ部位に発生する薬疹を固定薬疹と言う。
限局性の円形や楕円形の境界明瞭な水腫性の紫紅色の斑や鮮紅色の斑が生じる。重症の場合は紅斑に水疱やびらんが生じることもある。掻痒や疼痛が生じる場合もあるが、一般には全身症状はない。治癒後に色素沈着が起こる場合もある。

J丹毒とは(A)による感染症である。顔面や四肢の皮膚に(B)を起こさせる。急激に発症し、周囲に拡大する。(C)や(D)を伴う。

(A)A群β溶血性レンサ球菌(B)境界明瞭な浮腫性紅斑(水肿红斑)(C)熱感(D)圧痛

Kヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応(Jarisch Herxheimer reaction、吉海反应)とは?

梅毒の治療にはペニシリンが用いられるが、この時、梅毒菌が大量に破壊され、大量の異種タンパクが放出されるために、生じる急性アレルギー反応のことをヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応と言う。

L皮膚付属器には(A)、(B)、(C)、(D)がある。毛周期には(E)、(F)、(G)がある。

(A)毛髪(B)皮脂腺(C)汗腺(D)爪(E)生長期(F)退行期(G)休止期
posted by 皮膚科君 at 00:11| 追加問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅斑症

@多形滲出性紅斑には(A)、(B)と予後不良の(C)がある。(C)は(D)、(E)、(F)を伴う。治療には(G)を用いる。原因は(H)と考えられている。また、環状の中に新しい発疹を生じて二重環となっているものを(I)と言う。(J)、(K)、(L)、(M)との鑑別診断が重要である。

(A)紅斑丘疹型(B)水疱大疱型(C) Steven-Johnson症候群(重症型)(D)高熱(E)関節痛(F)広範囲の粘膜病変(G)副腎皮質ステロイド(重症時)や抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、消炎剤(H)細菌やウィルスに対するアレルギー(I)虹彩状紅斑(J)凍傷(K)類天疱瘡(L)二期梅毒(M)エリテマトーデス(红斑狼疮)

Aベーチェット病は(A)、(B)、(C)を特徴とする疾患である。

(A)口腔アフタ(B)ぶどう膜炎(C)外陰部潰瘍

B乾癬には(A)、(B)、(C)、(D)のタイプがある。

(A)尋常性乾癬(B)膿疱性乾癬(C)関節症性乾癬(D)乾癬性紅皮症

C尋常性乾癬の症状は(A)と(B)である。(C)をメスでこすると剥がれ落ちることを(D)と言う。(C)を除去した後に(E)が見られる。さらに続けると(F)と(G)が現れる。この現象を(H)と言う。また健全部の皮膚に刺激を加えると乾癬皮疹が発生することを(I)と言う。これは(J)の存在を示す。組織所見では角層内に好酸球が浸潤した(K)が見られる。

(A)境界明瞭な紅斑(B)銀白色の鱗屑(C)鱗屑(D)蝋片現象(E)薄膜現象(鱗屑除去後に紅色の半透明薄膜が見られる。)(F)滲出性紅斑(G)点状出血(H)Auspitz現象(I)ケブネル現象(J)潜在性素因(K)Munro微小膿瘍

D乾癬の治療には(A)、(B)、(C)などが用いられる。

(A)PUVA療法(B)ゲッケルマン療法(コールタール軟膏と紫外線照射)(C)ステロイド軟膏
posted by 皮膚科君 at 00:09| 紅斑症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィルス性皮膚疾患

@ウィルス性皮膚疾患のタイプには(A)、(B)、(C)がある。

(A)新生物型(B)疱疹型(C)紅斑発疹型

A尋常性疣贅の原因は(A)の感染による。治療は(B)や(C)である。伝染性軟属腫の原因は(D)の感染による。治療は(E)の後に(F)を行う。

(A)HPV(B)CO2レーザー(C)液体窒素凍結(D)poxvirus(E)トラコーマ摂子で除去(F)40%硝酸銀塗布

B単純性疱疹にはHSV-1とHSV-2があり、(A)、(B)、(C)を起こす。治療は(D)を使う。

(A)口唇ヘルペス(B)疱疹性歯肉口内炎(C)陰部疱疹(D)アシクロビル(軟膏や点滴)

C帯状疱疹の原因ウィルスは(A)で、初感染は(B)で、その後ウィルスは(C)に潜伏する。免疫機能が低下した時に、ウィルスが増殖し(D)に沿って、その支配皮膚部位に疱疹を起こす。好発部位は(E)領域と(F)領域である。治療には(G)を用いる。

(A)水痘-帯状疱疹ウィルス(VZV)(B)水痘(C)脊髄後神経節や三叉神経節(D)末梢神経(E)肋間神経(F)三叉神経(G)アシクロビル cf.頚部神経領域も好発部位

DVZVが(A)と(B)を同時に犯すものを(C)と言う。(C)では(D)、(E)、(F)の症状が出現する。

(A)顔面神経(B)膝神経節(C)Ramsay Hunt 症候群(D)顔面神経麻痺(E)耳痛(F)外耳道の疱疹
(cf.別の資料ではラムセイハント症候群は顔面神経麻痺と内耳障害(耳鳴り、難聴、めまい)と味覚障害)

E黄色ブドウ球菌は産生する(A)が血行性に移行し、全身性の皮疹を生じる疾患に(B)がある。(C)陽性となる。また(A)による疾患に(D)がある。

(A)表皮剥脱毒素(B)ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)(C)ニコルスキー現象(棘融解があるため)(D)伝染性膿痂疹(これはニコルスキー現象はなし。)
posted by 皮膚科君 at 00:05| ウィルス性皮膚疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。