広告

2014年07月26日

膠原病

@皮膚科領域の膠原病には(A)、(B)、(C)などがある。

(A)強皮症(B)皮膚筋炎(C)全身性エリテマトーデス(SLE)
cf.SLEでは抗Sm抗体や抗ds-DNA抗体が出現する。

ASLEの診断基準は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)、(H)、(I)、(J)、(K)の項目の内、4項目以上が陽性となることである。治療は(L)である。

(A)蝶形紅斑(B)円板状ループス(C)光線過敏症(D)口腔潰瘍(E)関節炎(F)漿膜炎(G)神経症状(痙攣、昏睡)(H)腎障害(I)血液障害(溶血性貧血、白血球減少症、リンパ球減少症、血小板減少症)(J)免疫学的異常(K)抗核抗体(L)ステロイド内服 (cf.慢性円板状エリテマトーデスではステロイド外用)

B強皮症の中で、病変が遠位四肢に限局するもの(体幹の病変を伴わない)に(A)がある。(A)の症状は(B)、(C)、(D)、(E)、(F)である。検査では(G)を調べる。(A)は(H)障害や(I)障害は比較的発症しにくい。

(A)CREST症候群(B) 皮膚石灰沈着症(C) レイノー現象(D) 食道運動障害(E)四肢末端硬化(F) 毛細血管拡張症(G)抗RNP抗体(H)腎(I)肺
posted by 皮膚科君 at 00:03| 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。