広告

2014年07月25日

蕁麻疹

@蕁麻疹は病程が1ヶ月以内の(A)と1ヶ月以上の(B)のTypeに分けられる。

(A)急性型(B)慢性型

A皮疹の特徴は突然、境界明瞭なわずかに隆起した(A)を生じ,激しい(B)が生じる。また、臨床症状により紅色、白色、水疱性、出血性、環状、地図状などと呼ばれる。重症のものではショック症状、腹痛、呼吸困難をきたす場合もある。

(A) 膨疹(B) 掻痒

B急性蕁麻疹の治療の原則は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)である。

(A)抗原と誘因(アレルギー、物理的刺激、ストレス、日光、食物、薬物花粉など)の除去(B)抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤投与(C)整腸(D)声門浮腫など(重症)ではステロイド剤(E)病巣感染の処置
C薬疹には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)、(H)、(I)、(J)、(K)がある。(穴埋め)

(A)固定薬疹(B)じんま疹型(C)湿疹型(D)播種状紅斑丘疹型(麻疹猩紅熱様発疹)(E)紫斑型(F)多型滲出紅斑型(皮膚粘膜症侯群•多型紅斑重症型)(G)ライエル型(H)剥脱性皮膚炎型(紅皮症)(I)痤瘡型(J)光線過敏症型(K)その他(膿疱型、色素沈着、LE様症状、天疱瘡様皮疹)

D薬疹の治療原則は(A)、(B)、(C)などである。

(A)原因薬の中止(B)抗ヒスタミン剤の投与(C)ステロイド投与
posted by 皮膚科君 at 23:45| 蕁麻疹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。