広告

2014年07月25日

接触性皮膚炎

@接触性皮膚炎とは皮膚や粘膜がある(A)や(B)に接触してから、接触部位に発生する急性または慢性の(C)である。

(A)刺激物(B)アレルギー性物質(C)皮膚炎症

A接触性皮膚炎は接触原源が接触すると誰でも発病する(A)と、接触源が二回目以降に接触した場合に発病する(B)がある。(B)は(C)細胞が関与する(D)である。

(A)一次刺激性接触性皮膚炎(B)アレルギー性接触性皮膚炎(C)Th1(CD4+T細胞つまりヘルパーT細胞の亜群)(D)W型アレルギー

B接触性皮膚炎の治療は(A)、(B)、(C)、(D)である。

(A)接触源の決定と除去(B)ステロイド外用(C)抗ヒスタミン剤(D)重症の場合はステロイド内服か注射(ステロイドの使用はできるだけ短期間にする。)

C湿疹とは多種の内部と外部原因による(A)と(B)の炎症である。湿疹は浮腫性の紅斑が形成され、紅斑上に丘疹ができ、水疱、嚢胞、びらん、痂皮、鱗屑を形成して治癒に向かう。湿疹は発疹の過程と臨床表現により急性、(C)、(D)に分けられる。

(A)浅層真皮(B)表皮(C)亜急性(D)慢性

D急性湿疹と接触性皮膚炎を鑑別せよ。(病因、発疹の特徴、部位、病状の経過を比較)

急性湿疹 接触性皮膚炎
病因 不明確 接触史
発疹 多形性,境界はっきりでない 単一, 境界鮮明
部位 対称, 汎発 接触部位に限局
病程 難治性、再発あり、慢性経過をたどる。 病因を除去すると速く治る
posted by 皮膚科君 at 23:47| 接触性皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。