広告

2014年07月26日

性病

@STD(sexually transmitted disease,)とは広義には、(A)により感染する疾患のことである。

(A)性行為

A一期梅毒の臨床症状は(A)、(B)、(C)である。

(A)硬性下疳(侵入部位の外陰部に初期硬結を形成し、表皮の剥離や潰瘍化して硬性下疳となる。その後、一期の内に硬性下疳は消失する。)(B)鼠径部リンパ節腫脹(無痛性横痃)(C)血清梅毒反応

B梅毒の二期は感染後(A)の期間である。二期には皮膚に(B)、(C)、(D)、(E)、(F)などが生じる。梅毒の三期では(G)、(H)が生じる。

(A)3ヶ月から2年(B)梅毒性薔薇疹(C) 丘疹性梅毒疹(D) 梅毒性乾癬(E) 膿疱性梅毒疹(F) 扁平コンジローマ(G)結節性梅毒(H)ゴム腫

C先天性梅毒の特徴に(A)があり、(A)には(B)、(C)、(D)が含まれる。

(A)Hutchinson三徴(B)Hutchinson歯(C)実質性角膜炎(D)内耳性難聴

D梅毒の治療にはペニシリンが用いられるが、この時、梅毒菌が大量に破壊され、大量の異種タンパクが放出されるために、生じる急性アレルギー反応を(A)と言う。

(A) ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応(Jarisch Herxheimer reaction、吉海反应)

E淋病は(A)、尖圭コンジローマは(B)、陰部疱疹(性器ヘルペス)は(C)による。軟性下疳はグラム(D)性桿菌の(E)による疾患で、(F)、(G)が生じる。

(A)淋菌(B)HPV(ヒトパピローマウィルス)(C)HSV-2(D)陰(E)軟性下疳菌(F)有痛性紅小丘疹(梅毒では無痛)(G)鼠径リンパ節腫脹(有痛性横痃)
posted by 皮膚科君 at 00:00| 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。