広告

2014年07月26日

真菌症

@真菌は(A)と(B)から構成される。皮膚や爪の白癬を起こす病原体の主なものに(C)がある。

(A)菌糸(B)胞子(C)紅色白癬菌(Tr.rubrum、红色菌)cf治療はイトラコナゾール

A土壌にいる真菌による真菌感染症に(A)がある。(A)の原因は(B)である。(A)では(C)に(D)が生じる。

(A)スポロトリコーシス(B)Sporotrix schenckii(C)皮下(D)肉芽腫
cf.治療はヨードカリ内服が効果的(イトラコナゾールも可)

Bスポロトリコーシスの四つのタイプには(A)、(B)、(C)、(D)がある。

(A)リンパ管型(侵入部位からリンパ管の走行に沿って、求心性に上行する皮下結節)(B)固定型また限局型(皮下結節は原発巣にとどまる)(C)播種型(全身汎発性に皮下結節)(D)内臓侵襲を伴う型
posted by 皮膚科君 at 00:00| 真菌症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。