広告

2014年07月26日

紅斑症

@多形滲出性紅斑には(A)、(B)と予後不良の(C)がある。(C)は(D)、(E)、(F)を伴う。治療には(G)を用いる。原因は(H)と考えられている。また、環状の中に新しい発疹を生じて二重環となっているものを(I)と言う。(J)、(K)、(L)、(M)との鑑別診断が重要である。

(A)紅斑丘疹型(B)水疱大疱型(C) Steven-Johnson症候群(重症型)(D)高熱(E)関節痛(F)広範囲の粘膜病変(G)副腎皮質ステロイド(重症時)や抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、消炎剤(H)細菌やウィルスに対するアレルギー(I)虹彩状紅斑(J)凍傷(K)類天疱瘡(L)二期梅毒(M)エリテマトーデス(红斑狼疮)

Aベーチェット病は(A)、(B)、(C)を特徴とする疾患である。

(A)口腔アフタ(B)ぶどう膜炎(C)外陰部潰瘍

B乾癬には(A)、(B)、(C)、(D)のタイプがある。

(A)尋常性乾癬(B)膿疱性乾癬(C)関節症性乾癬(D)乾癬性紅皮症

C尋常性乾癬の症状は(A)と(B)である。(C)をメスでこすると剥がれ落ちることを(D)と言う。(C)を除去した後に(E)が見られる。さらに続けると(F)と(G)が現れる。この現象を(H)と言う。また健全部の皮膚に刺激を加えると乾癬皮疹が発生することを(I)と言う。これは(J)の存在を示す。組織所見では角層内に好酸球が浸潤した(K)が見られる。

(A)境界明瞭な紅斑(B)銀白色の鱗屑(C)鱗屑(D)蝋片現象(E)薄膜現象(鱗屑除去後に紅色の半透明薄膜が見られる。)(F)滲出性紅斑(G)点状出血(H)Auspitz現象(I)ケブネル現象(J)潜在性素因(K)Munro微小膿瘍

D乾癬の治療には(A)、(B)、(C)などが用いられる。

(A)PUVA療法(B)ゲッケルマン療法(コールタール軟膏と紫外線照射)(C)ステロイド軟膏


posted by 皮膚科君 at 00:09| 紅斑症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。