広告

2014年07月26日

膠原病

@皮膚科領域の膠原病には(A)、(B)、(C)などがある。

(A)強皮症(B)皮膚筋炎(C)全身性エリテマトーデス(SLE)
cf.SLEでは抗Sm抗体や抗ds-DNA抗体が出現する。

ASLEの診断基準は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)、(H)、(I)、(J)、(K)の項目の内、4項目以上が陽性となることである。治療は(L)である。

(A)蝶形紅斑(B)円板状ループス(C)光線過敏症(D)口腔潰瘍(E)関節炎(F)漿膜炎(G)神経症状(痙攣、昏睡)(H)腎障害(I)血液障害(溶血性貧血、白血球減少症、リンパ球減少症、血小板減少症)(J)免疫学的異常(K)抗核抗体(L)ステロイド内服 (cf.慢性円板状エリテマトーデスではステロイド外用)

B強皮症の中で、病変が遠位四肢に限局するもの(体幹の病変を伴わない)に(A)がある。(A)の症状は(B)、(C)、(D)、(E)、(F)である。検査では(G)を調べる。(A)は(H)障害や(I)障害は比較的発症しにくい。

(A)CREST症候群(B) 皮膚石灰沈着症(C) レイノー現象(D) 食道運動障害(E)四肢末端硬化(F) 毛細血管拡張症(G)抗RNP抗体(H)腎(I)肺
posted by 皮膚科君 at 00:03| 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天疱瘡

@天疱瘡とは表皮内の(A)による慢性、難治性水疱性皮膚疾患である。(B)細胞間に(C)と(D)が沈着する自己免疫疾患である。天疱瘡は臨床症状と病理所見から(E)天疱瘡、(F)天疱瘡、(G)天疱瘡、(H)天疱瘡に分類される。

(A)棘融解(B)棘(C)IgG(D)C3(E)尋常性(F)増殖性(G)落葉性(H)紅斑性

Aニコルスキー現象とは(A)に(B)を加えると、(C)や(D)が生じる現象である。(E)を指で圧迫すると(E)が周囲に拡大する。この現象が起こる疾患には(F)、(G)、(H)がある。

(A)健常な皮膚面(B)機械的刺激(C)表皮剥離(D)水疱(E)水疱(F)天疱瘡(G)薬疹(H)中毒性表皮壊死剥離症

B天疱瘡の病理所見では、表皮内に(A)性の(B)が形成される。(B)の中に(C)が見られる。診断は臨床症状、病理、(D)による所見で行われる。天疱瘡の治療には(E)が用いられる。

(A)棘融解(B)水疱(C)棘融解細胞(Tzanck cell)(D)蛍光抗体法(E)副腎皮質ホルモンの全身投与

C類天疱瘡は(A)による自己免疫疾患と考えられている。病変部の(B)に(C)や(D)の沈着が見られる。

(A)抗基底膜抗体(B)表皮基底膜(C)IgG(D)C3

D天疱瘡と類天疱瘡の比較

年齢 粘膜損害 水疱特性 ニコルスキー現象 DIF(蛍光抗体直接法) 抗体
天疱瘡 若い + 表皮内水疱 + 棘細胞間にIgGとC3 抗上皮細胞間抗体
類天疱瘡 老人 − 表皮下水疱 − 基底膜にIgGとC3 抗基底膜抗体
posted by 皮膚科君 at 00:02| 天疱瘡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真菌症

@真菌は(A)と(B)から構成される。皮膚や爪の白癬を起こす病原体の主なものに(C)がある。

(A)菌糸(B)胞子(C)紅色白癬菌(Tr.rubrum、红色菌)cf治療はイトラコナゾール

A土壌にいる真菌による真菌感染症に(A)がある。(A)の原因は(B)である。(A)では(C)に(D)が生じる。

(A)スポロトリコーシス(B)Sporotrix schenckii(C)皮下(D)肉芽腫
cf.治療はヨードカリ内服が効果的(イトラコナゾールも可)

Bスポロトリコーシスの四つのタイプには(A)、(B)、(C)、(D)がある。

(A)リンパ管型(侵入部位からリンパ管の走行に沿って、求心性に上行する皮下結節)(B)固定型また限局型(皮下結節は原発巣にとどまる)(C)播種型(全身汎発性に皮下結節)(D)内臓侵襲を伴う型
posted by 皮膚科君 at 00:00| 真菌症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。