広告

2014年07月26日

性病

@STD(sexually transmitted disease,)とは広義には、(A)により感染する疾患のことである。

(A)性行為

A一期梅毒の臨床症状は(A)、(B)、(C)である。

(A)硬性下疳(侵入部位の外陰部に初期硬結を形成し、表皮の剥離や潰瘍化して硬性下疳となる。その後、一期の内に硬性下疳は消失する。)(B)鼠径部リンパ節腫脹(無痛性横痃)(C)血清梅毒反応

B梅毒の二期は感染後(A)の期間である。二期には皮膚に(B)、(C)、(D)、(E)、(F)などが生じる。梅毒の三期では(G)、(H)が生じる。

(A)3ヶ月から2年(B)梅毒性薔薇疹(C) 丘疹性梅毒疹(D) 梅毒性乾癬(E) 膿疱性梅毒疹(F) 扁平コンジローマ(G)結節性梅毒(H)ゴム腫

C先天性梅毒の特徴に(A)があり、(A)には(B)、(C)、(D)が含まれる。

(A)Hutchinson三徴(B)Hutchinson歯(C)実質性角膜炎(D)内耳性難聴

D梅毒の治療にはペニシリンが用いられるが、この時、梅毒菌が大量に破壊され、大量の異種タンパクが放出されるために、生じる急性アレルギー反応を(A)と言う。

(A) ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応(Jarisch Herxheimer reaction、吉海反应)

E淋病は(A)、尖圭コンジローマは(B)、陰部疱疹(性器ヘルペス)は(C)による。軟性下疳はグラム(D)性桿菌の(E)による疾患で、(F)、(G)が生じる。

(A)淋菌(B)HPV(ヒトパピローマウィルス)(C)HSV-2(D)陰(E)軟性下疳菌(F)有痛性紅小丘疹(梅毒では無痛)(G)鼠径リンパ節腫脹(有痛性横痃)


posted by 皮膚科君 at 00:00| 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

接触性皮膚炎

@接触性皮膚炎とは皮膚や粘膜がある(A)や(B)に接触してから、接触部位に発生する急性または慢性の(C)である。

(A)刺激物(B)アレルギー性物質(C)皮膚炎症

A接触性皮膚炎は接触原源が接触すると誰でも発病する(A)と、接触源が二回目以降に接触した場合に発病する(B)がある。(B)は(C)細胞が関与する(D)である。

(A)一次刺激性接触性皮膚炎(B)アレルギー性接触性皮膚炎(C)Th1(CD4+T細胞つまりヘルパーT細胞の亜群)(D)W型アレルギー

B接触性皮膚炎の治療は(A)、(B)、(C)、(D)である。

(A)接触源の決定と除去(B)ステロイド外用(C)抗ヒスタミン剤(D)重症の場合はステロイド内服か注射(ステロイドの使用はできるだけ短期間にする。)

C湿疹とは多種の内部と外部原因による(A)と(B)の炎症である。湿疹は浮腫性の紅斑が形成され、紅斑上に丘疹ができ、水疱、嚢胞、びらん、痂皮、鱗屑を形成して治癒に向かう。湿疹は発疹の過程と臨床表現により急性、(C)、(D)に分けられる。

(A)浅層真皮(B)表皮(C)亜急性(D)慢性

D急性湿疹と接触性皮膚炎を鑑別せよ。(病因、発疹の特徴、部位、病状の経過を比較)

急性湿疹 接触性皮膚炎
病因 不明確 接触史
発疹 多形性,境界はっきりでない 単一, 境界鮮明
部位 対称, 汎発 接触部位に限局
病程 難治性、再発あり、慢性経過をたどる。 病因を除去すると速く治る
posted by 皮膚科君 at 23:47| 接触性皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蕁麻疹

@蕁麻疹は病程が1ヶ月以内の(A)と1ヶ月以上の(B)のTypeに分けられる。

(A)急性型(B)慢性型

A皮疹の特徴は突然、境界明瞭なわずかに隆起した(A)を生じ,激しい(B)が生じる。また、臨床症状により紅色、白色、水疱性、出血性、環状、地図状などと呼ばれる。重症のものではショック症状、腹痛、呼吸困難をきたす場合もある。

(A) 膨疹(B) 掻痒

B急性蕁麻疹の治療の原則は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)である。

(A)抗原と誘因(アレルギー、物理的刺激、ストレス、日光、食物、薬物花粉など)の除去(B)抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤投与(C)整腸(D)声門浮腫など(重症)ではステロイド剤(E)病巣感染の処置
C薬疹には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)、(H)、(I)、(J)、(K)がある。(穴埋め)

(A)固定薬疹(B)じんま疹型(C)湿疹型(D)播種状紅斑丘疹型(麻疹猩紅熱様発疹)(E)紫斑型(F)多型滲出紅斑型(皮膚粘膜症侯群•多型紅斑重症型)(G)ライエル型(H)剥脱性皮膚炎型(紅皮症)(I)痤瘡型(J)光線過敏症型(K)その他(膿疱型、色素沈着、LE様症状、天疱瘡様皮疹)

D薬疹の治療原則は(A)、(B)、(C)などである。

(A)原因薬の中止(B)抗ヒスタミン剤の投与(C)ステロイド投与
posted by 皮膚科君 at 23:45| 蕁麻疹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。