広告

2014年07月25日

総論

@表皮の大部分は(A)からなり、その他に(B)、(C)、(D)がある。表皮の(A)は深部から浅部にかけて、(E)、(F)、(G)、(H)、(I)により構成される。表皮と真皮の間には(J)がある。

(A)角化細胞(ケラチノサイト)(B)色素細胞(メラノサイト)(C)ランゲルハンス細胞(2-5%)(D)メルケル細胞(表皮に存在する触覚受容器とされる。)(E)基底層(F)有棘層(G)顆粒層(H)透明層(I)角質層(J)基底膜

A皮膚の生理作用には、(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)がある。

(A)保護作用(B)吸収作用(C)知覚作用(D)分泌排泄作用(E)体温調節作用(F)代謝作用(G)免疫作用

B皮膚の発疹は大きく分けて、(A)と(B)がある。

(A)原発疹(B)続発疹

C原発疹には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)がある。(重要)

(A)斑(血管拡張による紅斑、圧迫で退色しない紫斑、メラニン色素異常の白斑)(B) 丘疹(皮膚より5ミリ以下の隆起(C) 膨疹(=蕁麻疹、一過性の浮腫)(D) 結節(E) 水疱(F) 膿疱(G) 嚢腫

D続発疹には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)、(H)、(I)、(J)がある。(重要)

(A) 鱗屑(りんせつ)(B) 糜爛(表皮剥離,表皮基底層に及ぶ表皮の組織欠損)(C) 潰瘍(真皮ないし皮下組織に達する深い組織欠損)(D) 亀裂(E) 痂皮(F) 瘢痕(G) 苔癬化(H)萎縮(I) 掻痕(J) 浸軟

posted by 皮膚科君 at 23:43| 総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。